日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“リタイア組注目”の街「スマートコミュニティ稲毛」潜入調査

 JR稲毛駅から車で約15分。大型スーパー「ワンズモール」「マックスバリュ」の先に、目指す施設はあった。日本最大級のCCRC(継続的ケア付きリタイアメント・コミュニティー)の「スマートコミュニティ稲毛」だ。

 リタイア組の男女が楽しく暮らす街があると聞いて向かったのは、千葉市稲毛区にある「スマートコミュニティ稲毛」。

 言っておくが、ここは老人ホームではない。アメリカ各州に2000カ所の同施設があり、約60万人のリタイア組の男女が暮らす新タイプのコミュニティーだ。

「元気なシニアが入居されているイメージです。子育てを終えられ、夫婦2人で暮らす一軒家は広すぎるし、将来的な介護も心配。かといって、今は介護付き老人ホームに入るほどまで体は弱っていない。いずれ老人ホームにお世話になるかもしれないが、それまでの中間的な住まいとして利用しよう……という人が多いようです」(スマートコミュニティ広報の矢村直美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事