シニアの住み替え狙い目は「中古」「1階」「エレベーターなし」

公開日: 更新日:

 60代になると子供が独立し、家族が少なくなる。しかも、定年と同時に収入はガタンと減る。そこで、大きく変化するのがマイホームの価値観だ。「広く、快適」ではなく、「小さくても、管理費を安く」という考えが求められるのだ。

「この低層マンションは私にとって“幸運の出発点”でした」

 3年前の2011年。止まらない不況に、リストラが自分の会社にも及ぶと読んで、広めのマンションを売却、低層住宅(70平方メートル)に移った中村剛さん(仮名、61歳)の素直な感想だ。

 バブルとデフレの両時代を経験した中村さんは不況と好況の波に、ビジネスマンがローン破滅する姿を数多く見ていた。
 それで、いずれ定期収入が途絶え、年金だけで暮らすことを想定して住宅コストを下げることを考えた。京王線府中駅に近い100平方メートルのマンションを、損を覚悟で2800万円で売り、京王線高幡不動駅から徒歩5分の5階建て低層マンションの1階の70平方メートルの物件(リフォーム済み)を約1900万円で購入した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る