危険潜む酒席での「悪口大会」 上手な切り抜け方を専門家指南

公開日: 更新日:

 新橋駅周辺、有楽町のガード下、八重洲仲通り辺りもそうか。夕方ともなると、店は赤ら顔のサラリーマンでいっぱいになる。酒の肴は刺し身に焼き鳥、さらには“上司の悪口”も欠かせない。あっちでもこっちでも「部長の指示がブレてるよ」「課長は責任取らねえ。もともと、そういう男だ」てな調子で酒が進む進む……。さて、酒席で突然、この話になった。あなたは積極的に参加するタイプ?

 今夜は2年ぶりの同期会。入社6年目、東京にいる仲間が5人集まった。近況報告のあと仕事の話になると、日頃の鬱憤が飛び出して――。

「うちの部長、知ってるよな。エライ気分屋でさ~、アッタマくるよ」

 ストレートな物言いをするMが口火を切った。正面に座る2人が相づちを打つ。どうするか?

「上司になってはいけない人たち」の著者で、人事コンサルタントの本田有明氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る