• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人が近寄る」理想の上司はわずか1週間の観察で分かる

 サラリーマンの最大の悩みはいつの時代も「人間関係」だといわれる。ソロソロ配属先が決まる新人諸君も、これから新たな人間関係に気を使う日々を送るわけだが、案ずることはない。上司や先輩と付き合いはまだ浅くても、ちょっと頭を働かせれば、彼らが一体どんなタイプかおよその察しがつく方法がある。

 当面、気になる上司や先輩に注意を払ってみよう。判断基準は、“人が近寄ってくる男”かどうかだ。部下が上司に仕事の報告をするのは当たり前。こんなケースは除外する。1週間ほどぼんやり見ているだけで、人が近寄ってくるかどうかは分かる。

 結果、大別して次の3つのタイプに分けられるはずだ。「人が近寄ってくる男」「人畜無害の男」「人が寄り付かない男」だ。もちろん、それぞれに理由があるのだが、この中で真っ先に親しくなるべきは、言うまでもなく「人が近寄ってくる男」だろう。「人が寄り付かない男」や毒にも薬にもならないような「人畜無害の男」は、取りあえずほったらかしでいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る