厄介な“かまってちゃん”をデキる社員に 部下の上手な扱い方

公開日: 更新日:

 ドラ1の大型新人が期待通りに活躍するとは限らない。スカウトマンが全国を飛び回って新人を発掘するプロスポーツだってこれだ。サラリーマン人生で、粒ぞろいの部下に恵まれることなんてめったにないだろう。新年度がスタートしてもうすぐ2カ月。自己アピールが強い“かまってちゃん社員”に手を焼く管理職も出てきたはずだ。

“かまってちゃん社員”は、肩書を好むタイプ、男女では女性に多いといわれる。

 食品メーカーの迫田さん(53)は、部下(38)の育メンアピールにうんざりしていた。夫婦共働きで、4歳の息子を育てている。幼稚園の送り迎えとお弁当作りは、日替わりらしい。子供が生まれたころから、「妻を寝かせて、夜泣きの子供をあやした」「抱っこひもで息子を抱っこして、家族でピクニックに出かけたんだ」と毎日のように育メンぶりを聞かされていて、耳にタコだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る