“太マッチョ”が人気高騰 「プ女子」と「スージョ」が夢中に

公開日:  更新日:

 最近、プロレス大好き女子(プ女子)や、相撲好き女子(スージョ)が雑誌やテレビで取り上げられる。後楽園ホールや両国国技館では、“追っかけ”の若い女性が群れをなす。マッチョ人気はとどまらず「マッチョ29」なるアイドルグループも誕生したらしい。オンナたちの好みが、イケメン細マッチョ派からガッチリ太マッチョ派に移行しつつあるようで――。

 6月某日、「マッチョバスツアー」(株式会社「ハイ」、お姫様抱っこ協会主催)が開催された。日帰りにもかかわらず通常シートは1万9800円ナリ。

 タンクトップに身を包んだマッチョが、お姫さま抱っこでバスまで運んでくれたり、ショーを楽しめるイベントだが、チケット販売開始から5日で売り切れる盛況ぶり。また、同社が、4月にオープンした1日限定「マッチョカフェ」には200人以上が来店。入りきれずに涙を流した女子がいたとかいないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る