日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“太マッチョ”が人気高騰 「プ女子」と「スージョ」が夢中に

 最近、プロレス大好き女子(プ女子)や、相撲好き女子(スージョ)が雑誌やテレビで取り上げられる。後楽園ホールや両国国技館では、“追っかけ”の若い女性が群れをなす。マッチョ人気はとどまらず「マッチョ29」なるアイドルグループも誕生したらしい。オンナたちの好みが、イケメン細マッチョ派からガッチリ太マッチョ派に移行しつつあるようで――。

 6月某日、「マッチョバスツアー」(株式会社「ハイ」、お姫様抱っこ協会主催)が開催された。日帰りにもかかわらず通常シートは1万9800円ナリ。

 タンクトップに身を包んだマッチョが、お姫さま抱っこでバスまで運んでくれたり、ショーを楽しめるイベントだが、チケット販売開始から5日で売り切れる盛況ぶり。また、同社が、4月にオープンした1日限定「マッチョカフェ」には200人以上が来店。入りきれずに涙を流した女子がいたとかいないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事