“太マッチョ”が人気高騰 「プ女子」と「スージョ」が夢中に

公開日: 更新日:

 最近、プロレス大好き女子(プ女子)や、相撲好き女子(スージョ)が雑誌やテレビで取り上げられる。後楽園ホールや両国国技館では、“追っかけ”の若い女性が群れをなす。マッチョ人気はとどまらず「マッチョ29」なるアイドルグループも誕生したらしい。オンナたちの好みが、イケメン細マッチョ派からガッチリ太マッチョ派に移行しつつあるようで――。

 6月某日、「マッチョバスツアー」(株式会社「ハイ」、お姫様抱っこ協会主催)が開催された。日帰りにもかかわらず通常シートは1万9800円ナリ。

 タンクトップに身を包んだマッチョが、お姫さま抱っこでバスまで運んでくれたり、ショーを楽しめるイベントだが、チケット販売開始から5日で売り切れる盛況ぶり。また、同社が、4月にオープンした1日限定「マッチョカフェ」には200人以上が来店。入りきれずに涙を流した女子がいたとかいないとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る