日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スキニージーンズでEDに? 長時間しゃがむと足の感覚麻痺

 ピタピタのスリムスーツをさっそうと着こなしている若手社員を見て、「オレも真似してみるか」なんてオジサンは、およしなさい。「ED」になる危険もある。

 タイトなスキニージーンズを着用してしゃがんだ姿勢をとり続けると、健康を損ねる恐れがある――オーストラリアの医師らが執筆したそんな研究論文が23日、英医学誌「神経学・神経外科学・精神医学ジャーナル」に掲載された。

 見た目は格好いいが、タイトなズボンは体によくないというわけ。

 論文では、オーストラリアの35歳の女性の症例を紹介。女性はスキニージーンズをはいたまま、しゃがんだ姿勢で親戚の引っ越し作業を長時間手伝っていたが、その日の夜に足の感覚がまひ。足首やつま先も正常に動かせず、病院で点滴を受けて元通りに歩けるようになったのは、4日後のことだ。圧迫による血流障害や神経線維の損傷が原因だという。神経内科が専門の医学博士、米山公啓氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事