弱り果てていたのが豪快に発射! EDは鍼灸で回復する

公開日: 更新日:

「一晩に何度も」なんてことは望まない。せめて中折れせず1回のセックスをやり遂げたい――。年の初めに人知れず、そんなことを考えた男性は少なくないだろう。失敗を繰り返して自信を失った人でも、大丈夫。EDは、鍼灸で回復する可能性があるという。

 57歳のKさんは、50歳前後で不整脈と診断された。診断を受けたころは週イチで妻とのセックスができていた。しかし、病気の影響か、いつしか勃起力が弱まり、中折れするように。最初のうちは「飲み過ぎたせいさ」とうそぶいていた。
 でも、その頻度が4回に1回、3回に1回と多くなるにつれ、「まさか」という思いが強まる。EDの薬は心臓の持病があるとタブーだが、無理を承知、妻に内緒でネットで購入し、試してみたが、頭痛がひどくてそれどころじゃなかった。「50で週イチはすごい」という自信は失われ、52歳でごぶさたに。

「男としてオシマイか……」と諦めかけたときに知人の紹介で出会ったのが、東京・大久保にある「南石(ナムスク)鍼灸治療院」の院長・朴宰弘氏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    「トイレの神様」植村花菜さん ビザ更新できず関西滞在中

もっと見る