運動やダイエットが引き金に…健康自慢「ED危機」の改善策

公開日: 更新日:

 健康ブームといわれて久しい。マラソン人口は1890万人、サイクリング人口は840万人。合計約2700万人で、単純計算で成人の4人に1人はどちらかのスポーツに励んでいる。ほかの運動でダイエットしている人なども含めると、ベラボーだろう。しかし、よかれと思ってやった運動やダイエットがEDの引き金になる――。

 Hさん(47)はマラソン歴12年。2月の東京、3月の横浜と2カ月連続のフルマラソンに向け、走り込む。平日は3日15~20キロ、週末どちらかは30キロ走っている。

 毎月の走行距離は300キロ超。50歳目前とは思えない引き締まった体形で、腹筋はうっすら6つに割れる。健康そのものだが、5年ほど前から夜の元気がない。

「2回戦、3回戦当たり前の“ステイヤー”で、酒で弱ることもありませんでした。ところが、フルマラソンのタイムが4時間を切るようになってから、深酒をしていなくても持続力が低下。前戯を終えて、“いざ出陣”というときにダメになることが目立ちました。それが5年ほど前。今のような走り方を習慣化したころでした。最近じゃ、3回に2回はダメ。1回だって、1ラウンドも危うい」(Hさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る