• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運動やダイエットが引き金に…健康自慢「ED危機」の改善策

 健康ブームといわれて久しい。マラソン人口は1890万人、サイクリング人口は840万人。合計約2700万人で、単純計算で成人の4人に1人はどちらかのスポーツに励んでいる。ほかの運動でダイエットしている人なども含めると、ベラボーだろう。しかし、よかれと思ってやった運動やダイエットがEDの引き金になる――。

 Hさん(47)はマラソン歴12年。2月の東京、3月の横浜と2カ月連続のフルマラソンに向け、走り込む。平日は3日15~20キロ、週末どちらかは30キロ走っている。

 毎月の走行距離は300キロ超。50歳目前とは思えない引き締まった体形で、腹筋はうっすら6つに割れる。健康そのものだが、5年ほど前から夜の元気がない。

「2回戦、3回戦当たり前の“ステイヤー”で、酒で弱ることもありませんでした。ところが、フルマラソンのタイムが4時間を切るようになってから、深酒をしていなくても持続力が低下。前戯を終えて、“いざ出陣”というときにダメになることが目立ちました。それが5年ほど前。今のような走り方を習慣化したころでした。最近じゃ、3回に2回はダメ。1回だって、1ラウンドも危うい」(Hさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る