運動やダイエットが引き金に…健康自慢「ED危機」の改善策

公開日:  更新日:

 健康ブームといわれて久しい。マラソン人口は1890万人、サイクリング人口は840万人。合計約2700万人で、単純計算で成人の4人に1人はどちらかのスポーツに励んでいる。ほかの運動でダイエットしている人なども含めると、ベラボーだろう。しかし、よかれと思ってやった運動やダイエットがEDの引き金になる――。

 Hさん(47)はマラソン歴12年。2月の東京、3月の横浜と2カ月連続のフルマラソンに向け、走り込む。平日は3日15~20キロ、週末どちらかは30キロ走っている。

 毎月の走行距離は300キロ超。50歳目前とは思えない引き締まった体形で、腹筋はうっすら6つに割れる。健康そのものだが、5年ほど前から夜の元気がない。

「2回戦、3回戦当たり前の“ステイヤー”で、酒で弱ることもありませんでした。ところが、フルマラソンのタイムが4時間を切るようになってから、深酒をしていなくても持続力が低下。前戯を終えて、“いざ出陣”というときにダメになることが目立ちました。それが5年ほど前。今のような走り方を習慣化したころでした。最近じゃ、3回に2回はダメ。1回だって、1ラウンドも危うい」(Hさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る