運動やダイエットが引き金に…健康自慢「ED危機」の改善策

公開日: 更新日:

 健康ブームといわれて久しい。マラソン人口は1890万人、サイクリング人口は840万人。合計約2700万人で、単純計算で成人の4人に1人はどちらかのスポーツに励んでいる。ほかの運動でダイエットしている人なども含めると、ベラボーだろう。しかし、よかれと思ってやった運動やダイエットがEDの引き金になる――。

 Hさん(47)はマラソン歴12年。2月の東京、3月の横浜と2カ月連続のフルマラソンに向け、走り込む。平日は3日15~20キロ、週末どちらかは30キロ走っている。

 毎月の走行距離は300キロ超。50歳目前とは思えない引き締まった体形で、腹筋はうっすら6つに割れる。健康そのものだが、5年ほど前から夜の元気がない。

「2回戦、3回戦当たり前の“ステイヤー”で、酒で弱ることもありませんでした。ところが、フルマラソンのタイムが4時間を切るようになってから、深酒をしていなくても持続力が低下。前戯を終えて、“いざ出陣”というときにダメになることが目立ちました。それが5年ほど前。今のような走り方を習慣化したころでした。最近じゃ、3回に2回はダメ。1回だって、1ラウンドも危うい」(Hさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  9. 9

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る