正しく汗をかいて熱中症を防ぐ 「暑熱順化」のコツを医師指南

公開日:  更新日:

「急に暑くなって頭がボーッとしてきた」――。この数日、こんな声を聞く。東京は梅雨の長雨が続き、先週木曜(9日)の最高気温は20.4度だったが、翌日(10日)は一転して晴れ間が広がり、28.9度に急上昇。11日31.3度、12日32度、13日34.2度とうなぎ上りだ。そのため熱中症で救急搬送された人も増える一方。東京消防庁の管内では10日の21人が11日は56人。12日77人、13日125人と大幅に増加している。

 本来、人間の体には熱さに自然に慣れる「暑熱順化」という現象が起きるが、急激な気温上昇がこれを阻んでいるそうだ。医学博士の米山公啓氏が言う。

「暑熱順化は体が徐々に暑さに慣れ、正常な発汗作用が起きることです。ところが、いきなり真夏になったものだから、体温は上がるけど、うまく汗をかくことができない。暑い国の飛行場に降り立ったときと同じで、めまいや吐き気、意識障害といった熱中症の症状に陥ってしまうのです。この時期を過ぎると、今度はガンガン汗をかき始める。すると体が塩分不足になって自律神経が追い付かず、頭がボンヤリしてきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る