• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正しく汗をかいて熱中症を防ぐ 「暑熱順化」のコツを医師指南

「急に暑くなって頭がボーッとしてきた」――。この数日、こんな声を聞く。東京は梅雨の長雨が続き、先週木曜(9日)の最高気温は20.4度だったが、翌日(10日)は一転して晴れ間が広がり、28.9度に急上昇。11日31.3度、12日32度、13日34.2度とうなぎ上りだ。そのため熱中症で救急搬送された人も増える一方。東京消防庁の管内では10日の21人が11日は56人。12日77人、13日125人と大幅に増加している。

 本来、人間の体には熱さに自然に慣れる「暑熱順化」という現象が起きるが、急激な気温上昇がこれを阻んでいるそうだ。医学博士の米山公啓氏が言う。

「暑熱順化は体が徐々に暑さに慣れ、正常な発汗作用が起きることです。ところが、いきなり真夏になったものだから、体温は上がるけど、うまく汗をかくことができない。暑い国の飛行場に降り立ったときと同じで、めまいや吐き気、意識障害といった熱中症の症状に陥ってしまうのです。この時期を過ぎると、今度はガンガン汗をかき始める。すると体が塩分不足になって自律神経が追い付かず、頭がボンヤリしてきます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る