• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“高嶺の花”の鰻だけじゃない アジアに伝わる「夏バテ予防食」

 日本で夏バテ解消のスタミナ食といったらやっぱりコレ。「鰻」だ。ところが、価格高騰のあおりを受け、ローソンで売られる愛知県三河産の「うなぎ蒲焼重」が2980円だというからビックリ。鰻に代わる夏の食べ物はないか?

 今月24日と8月5日の「土用丑の日」を控え、鰻の価格が上昇している。サラリーマンの味方、「吉野家」の鰻重は昨年から20円アップの750円(単品)。鰻の大きさは違うが、8年前に初登場した当時の490円から260円も値上がりしてしまった。もはや“吉牛鰻”は高根の花と言っていいだろう。

 だが、よく考えてみれば、夏に鰻を食べる習慣は日本だけのこと。世界の国々には、日本の鰻とは違うが、夏の定番食がある。世界の食材が集まる東京で夏のスタミナ食は、何も高くて手の届かない鰻である必要はないのだ。

「そもそも鰻の旬は冬で、夏の滋養食として鰻を食べる習慣はありません。中国で夏のスタミナ食といえば、〈亀〉や〈スッポン〉。また、台湾の人は、夏といったら〈仙草ゼリー〉を思い浮かべます」(国際中医薬膳師・マダム晴子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る