“高嶺の花”の鰻だけじゃない アジアに伝わる「夏バテ予防食」

公開日: 更新日:

 日本で夏バテ解消のスタミナ食といったらやっぱりコレ。「鰻」だ。ところが、価格高騰のあおりを受け、ローソンで売られる愛知県三河産の「うなぎ蒲焼重」が2980円だというからビックリ。鰻に代わる夏の食べ物はないか?

 今月24日と8月5日の「土用丑の日」を控え、鰻の価格が上昇している。サラリーマンの味方、「吉野家」の鰻重は昨年から20円アップの750円(単品)。鰻の大きさは違うが、8年前に初登場した当時の490円から260円も値上がりしてしまった。もはや“吉牛鰻”は高根の花と言っていいだろう。

 だが、よく考えてみれば、夏に鰻を食べる習慣は日本だけのこと。世界の国々には、日本の鰻とは違うが、夏の定番食がある。世界の食材が集まる東京で夏のスタミナ食は、何も高くて手の届かない鰻である必要はないのだ。

「そもそも鰻の旬は冬で、夏の滋養食として鰻を食べる習慣はありません。中国で夏のスタミナ食といえば、〈亀〉や〈スッポン〉。また、台湾の人は、夏といったら〈仙草ゼリー〉を思い浮かべます」(国際中医薬膳師・マダム晴子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る