“高嶺の花”の鰻だけじゃない アジアに伝わる「夏バテ予防食」

公開日:  更新日:

 日本で夏バテ解消のスタミナ食といったらやっぱりコレ。「鰻」だ。ところが、価格高騰のあおりを受け、ローソンで売られる愛知県三河産の「うなぎ蒲焼重」が2980円だというからビックリ。鰻に代わる夏の食べ物はないか?

 今月24日と8月5日の「土用丑の日」を控え、鰻の価格が上昇している。サラリーマンの味方、「吉野家」の鰻重は昨年から20円アップの750円(単品)。鰻の大きさは違うが、8年前に初登場した当時の490円から260円も値上がりしてしまった。もはや“吉牛鰻”は高根の花と言っていいだろう。

 だが、よく考えてみれば、夏に鰻を食べる習慣は日本だけのこと。世界の国々には、日本の鰻とは違うが、夏の定番食がある。世界の食材が集まる東京で夏のスタミナ食は、何も高くて手の届かない鰻である必要はないのだ。

「そもそも鰻の旬は冬で、夏の滋養食として鰻を食べる習慣はありません。中国で夏のスタミナ食といえば、〈亀〉や〈スッポン〉。また、台湾の人は、夏といったら〈仙草ゼリー〉を思い浮かべます」(国際中医薬膳師・マダム晴子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る