シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

アメリカで注目 3Dプリンターで「移植用臓器」を作る

公開日: 更新日:

 3Dプリントされた航空部品などが実用化の段階に入っている今、アメリカで注目されているのが、3Dプリンターで打ち出された「内臓」です。

「3Dバイオプリンティング」と呼ばれる技術で内臓をスキャンし、生きた細胞を使って3次元に出力して作ろうという最先端の再生医療。ウェイクフォレスト大学のアンソニー・アタラ教授は、20年以上にわたって臓器の再生の試みを続けてきた、この分野の第一人者です。

 教授は10年前、3Dプリンティングではありませんでしたが、患者の膀胱(ぼうこう)から取った細胞を培養し、生体材料と組み合わせた“手作りの膀胱”を作り出し、実際に患者に移植して成功しています。

 しかし、膀胱よりずっと複雑で、“中身”も詰まっている腎臓や肝臓などを構築するためには、もっと進んだ技術が必要。その大きな武器が、3Dプリンターというわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  5. 5

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  8. 8

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  9. 9

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  10. 10

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

もっと見る