• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

アメリカで注目 3Dプリンターで「移植用臓器」を作る

 3Dプリントされた航空部品などが実用化の段階に入っている今、アメリカで注目されているのが、3Dプリンターで打ち出された「内臓」です。

「3Dバイオプリンティング」と呼ばれる技術で内臓をスキャンし、生きた細胞を使って3次元に出力して作ろうという最先端の再生医療。ウェイクフォレスト大学のアンソニー・アタラ教授は、20年以上にわたって臓器の再生の試みを続けてきた、この分野の第一人者です。

 教授は10年前、3Dプリンティングではありませんでしたが、患者の膀胱(ぼうこう)から取った細胞を培養し、生体材料と組み合わせた“手作りの膀胱”を作り出し、実際に患者に移植して成功しています。

 しかし、膀胱よりずっと複雑で、“中身”も詰まっている腎臓や肝臓などを構築するためには、もっと進んだ技術が必要。その大きな武器が、3Dプリンターというわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る