シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ライブ会場で「耳」を守る…米国で注目集まる“ハイテク耳栓”

公開日:  更新日:

 梅雨のないニューヨークではすでに夏フェスシーズンがスタート。こうした夏フェスで注目されているのが「耳栓」です。6月上旬に開催された世界的なトップアーティストによる野外音楽フェスティバル「ガバナーズ・ボール」のウェブサイトには、「持ち込み必需品」として日焼け止めや帽子と並んで「耳栓」と明記されていました。

 今年3月のWHO(世界保健機関)の発表によれば、耳の健康を脅かされている若者は世界で10億人に上ると推定され、調査対象となった人の5割が危険なノイズレベルの中で生活しているとのこと。例えば、100デシベルのノイズ環境、つまり通常のライブ会場では、わずか15分超で危険な領域に入るそうです。

 演奏する側も同様で、耳鳴りの症状に悩まされているミュージシャンらが、ファンに耳栓の使用を呼びかけています。

 これをビジネスチャンスと考えた起業家が、音楽ファン向けの耳栓を開発。全米最大の音楽フェスのひとつ、カリフォルニアの「コーチェラ」で参加者全員に無料配布しました。同じくカリフォルニアで7月に開催される「ライトニング・イン・ア・ボトル・フェスティバル」でも、希望者には無料で耳栓が配られる予定です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る