• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ライブ会場で「耳」を守る…米国で注目集まる“ハイテク耳栓”

 梅雨のないニューヨークではすでに夏フェスシーズンがスタート。こうした夏フェスで注目されているのが「耳栓」です。6月上旬に開催された世界的なトップアーティストによる野外音楽フェスティバル「ガバナーズ・ボール」のウェブサイトには、「持ち込み必需品」として日焼け止めや帽子と並んで「耳栓」と明記されていました。

 今年3月のWHO(世界保健機関)の発表によれば、耳の健康を脅かされている若者は世界で10億人に上ると推定され、調査対象となった人の5割が危険なノイズレベルの中で生活しているとのこと。例えば、100デシベルのノイズ環境、つまり通常のライブ会場では、わずか15分超で危険な領域に入るそうです。

 演奏する側も同様で、耳鳴りの症状に悩まされているミュージシャンらが、ファンに耳栓の使用を呼びかけています。

 これをビジネスチャンスと考えた起業家が、音楽ファン向けの耳栓を開発。全米最大の音楽フェスのひとつ、カリフォルニアの「コーチェラ」で参加者全員に無料配布しました。同じくカリフォルニアで7月に開催される「ライトニング・イン・ア・ボトル・フェスティバル」でも、希望者には無料で耳栓が配られる予定です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る