• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ライブ会場で「耳」を守る…米国で注目集まる“ハイテク耳栓”

 梅雨のないニューヨークではすでに夏フェスシーズンがスタート。こうした夏フェスで注目されているのが「耳栓」です。6月上旬に開催された世界的なトップアーティストによる野外音楽フェスティバル「ガバナーズ・ボール」のウェブサイトには、「持ち込み必需品」として日焼け止めや帽子と並んで「耳栓」と明記されていました。

 今年3月のWHO(世界保健機関)の発表によれば、耳の健康を脅かされている若者は世界で10億人に上ると推定され、調査対象となった人の5割が危険なノイズレベルの中で生活しているとのこと。例えば、100デシベルのノイズ環境、つまり通常のライブ会場では、わずか15分超で危険な領域に入るそうです。

 演奏する側も同様で、耳鳴りの症状に悩まされているミュージシャンらが、ファンに耳栓の使用を呼びかけています。

 これをビジネスチャンスと考えた起業家が、音楽ファン向けの耳栓を開発。全米最大の音楽フェスのひとつ、カリフォルニアの「コーチェラ」で参加者全員に無料配布しました。同じくカリフォルニアで7月に開催される「ライトニング・イン・ア・ボトル・フェスティバル」でも、希望者には無料で耳栓が配られる予定です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る