シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

全米が導入検討 肥満症患者向け「自転車の処方箋」の“お値段”

公開日:  更新日:

 ボストンでも革新的な病院として知られるボストン・メディカルセンターが始めた「自転車の処方箋」が、全米で話題になっています。

 これは、肥満症とそれが原因の疾病を防ぐために作られた健康プログラム。特に低所得者のためにデザインされています。

 どういう仕組みかというと、まず、医者が「自転車をこぎなさい」という処方箋を書く。患者はそれをボストン市のバイクシェア(共有自転車)に持っていく。すると、格安で自転車を利用できるというもの。

“自転車こぎ”が足腰の強化や心肺機能の向上に役立つことは、アメリカで広く認識されていますが、日本のように移動手段として自転車が普及していないため、多くの人は自転車を持っていません。そこでドクターが注目したのがバイクシェアです。

 バイクシェアは日本ではあまりなじみがないと思うので説明すると、誰でも利用できる自転車が市内の各所(バイクステーション)に配置されていて、好きなステーションで乗って、別のステーションで乗り捨てできるシステムになっています。つまり、近距離の移動には最適な公共交通手段というわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る