シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

全米が導入検討 肥満症患者向け「自転車の処方箋」の“お値段”

公開日:  更新日:

 ボストンでも革新的な病院として知られるボストン・メディカルセンターが始めた「自転車の処方箋」が、全米で話題になっています。

 これは、肥満症とそれが原因の疾病を防ぐために作られた健康プログラム。特に低所得者のためにデザインされています。

 どういう仕組みかというと、まず、医者が「自転車をこぎなさい」という処方箋を書く。患者はそれをボストン市のバイクシェア(共有自転車)に持っていく。すると、格安で自転車を利用できるというもの。

“自転車こぎ”が足腰の強化や心肺機能の向上に役立つことは、アメリカで広く認識されていますが、日本のように移動手段として自転車が普及していないため、多くの人は自転車を持っていません。そこでドクターが注目したのがバイクシェアです。

 バイクシェアは日本ではあまりなじみがないと思うので説明すると、誰でも利用できる自転車が市内の各所(バイクステーション)に配置されていて、好きなステーションで乗って、別のステーションで乗り捨てできるシステムになっています。つまり、近距離の移動には最適な公共交通手段というわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る