自転車ルールさらに厳罰化 捕まりやすいのはどんな違反?

公開日: 更新日:

 自転車に乗って「赤切符」を切られる人が急増している。警察庁によると、昨年の赤切符数は7716件。統計を開始した06年に比べ、実に約30倍という激増ぶりだ。

 以前ならお巡りさんに注意されるぐらいで済んだのに、赤切符の乱発には驚くばかりだ。

 ただ、この時期に警察庁がわざわざ数字を発表したのにも深いワケがある。6月1日から道路交通法が改正され、自転車の違反がさらに厳罰化されるのだ。違反を3年以内に2回以上犯したら、安全講習の受講も義務付けられる(14歳以上)。講習時間は3時間、講習手数料の5700円もバカにならない。講習を無視すれば、5万円以下の罰金だ。

「自転車の交通違反だと簡単に考えてはいけません。赤切符は略式起訴で罰金刑になることもあり、その場合は前科が残ります」(交通ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る