自転車ルールさらに厳罰化 捕まりやすいのはどんな違反?

公開日:  更新日:

 自転車に乗って「赤切符」を切られる人が急増している。警察庁によると、昨年の赤切符数は7716件。統計を開始した06年に比べ、実に約30倍という激増ぶりだ。

 以前ならお巡りさんに注意されるぐらいで済んだのに、赤切符の乱発には驚くばかりだ。

 ただ、この時期に警察庁がわざわざ数字を発表したのにも深いワケがある。6月1日から道路交通法が改正され、自転車の違反がさらに厳罰化されるのだ。違反を3年以内に2回以上犯したら、安全講習の受講も義務付けられる(14歳以上)。講習時間は3時間、講習手数料の5700円もバカにならない。講習を無視すれば、5万円以下の罰金だ。

「自転車の交通違反だと簡単に考えてはいけません。赤切符は略式起訴で罰金刑になることもあり、その場合は前科が残ります」(交通ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る