自転車ルールさらに厳罰化 捕まりやすいのはどんな違反?

公開日: 更新日:

 自転車に乗って「赤切符」を切られる人が急増している。警察庁によると、昨年の赤切符数は7716件。統計を開始した06年に比べ、実に約30倍という激増ぶりだ。

 以前ならお巡りさんに注意されるぐらいで済んだのに、赤切符の乱発には驚くばかりだ。

 ただ、この時期に警察庁がわざわざ数字を発表したのにも深いワケがある。6月1日から道路交通法が改正され、自転車の違反がさらに厳罰化されるのだ。違反を3年以内に2回以上犯したら、安全講習の受講も義務付けられる(14歳以上)。講習時間は3時間、講習手数料の5700円もバカにならない。講習を無視すれば、5万円以下の罰金だ。

「自転車の交通違反だと簡単に考えてはいけません。赤切符は略式起訴で罰金刑になることもあり、その場合は前科が残ります」(交通ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る