コスト減、SE不足解消も…新型システム開発基盤MEAPの実力

公開日:  更新日:

 パソコン、パッド、スマホ……同じ画面を見ているが、実は稼働しているOSが皆違うのはご存じだろうか。たとえばパソコンはWindows、ノートパッドやスマホはiOSやAndroidといった具合。同じシステムを利用していても異なるOSが起動しているのだ。

 そのため、ひとつのシステムを開発するとなると、OSごとのアプリケーション言語による開発が必要になる。

 これをひとつのプログラムでやれるようにする新しいシステム開発手法がMEAP(モバイルを含むアプリケーション開発プラットフォーム)と呼ばれるもの。米国やイスラエルでも開発が進んでいるが、中でも注目はこの6月に国内大手携帯会社が採用したユニフィニティー社の「Unifinity」だ。

 最大の魅力は、開発コストが最大70%削減され、開発期間も2分の1以上短縮できることだ。なにしろ、同システムはプリクラのように簡単。ややこしいコンピューター言語を打ち込んだりする必要はなく、プリクラで撮った画像に文字やスタンプを載せて加工していくように、パソコンの画面上で取り出したい情報や処理方法を選んでいくだけ。それで欲しいシステムの設計図まで出来上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る