コンサルがズバリ 社内プレゼン“一発OK”の話術と資料作り

公開日: 更新日:

 仕事をスムーズに進めるには、折に触れて上司や経営者の決裁が必要になる。その都度、ゴーサインを引き出すには、社内プレゼン力がモノをいう。ビジネス書コーナーには、そのためのノウハウを解説した本がズラリと並ぶ。

「もちろん、プレゼン資料をうまく作るのは大切ですが、わずかな時間の中で経営者の機嫌を察知し、その場の雰囲気に応じて、YESと言わせる臨機応変の話術こそ大切です」

 こう言うのは、ビジネスコンサルタントの横山信治氏。今年3月までSBIモーゲージ取締役執行役員常務で、10年近くSBIグループのトップ・北尾吉孝CEOの薫陶を受けてきた。北尾氏とのプレゼン時間は、せいぜい5~10分ながら、いきなりプレゼンに入るのはよくないという。

「よく『気分屋上司の一言で仕事がひっくり返った』と言われますが、それは決裁を得ていないから。どんなに気分屋上司でも、一度ゴーサインを出したことはひっくり返せません。社内プレゼンは、上司や経営者のYESを積み重ねることが大切。だから、最初に上司の機嫌をチェックし、YESを出しやすい案件から話をスタートするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る