コンサルがズバリ 社内プレゼン“一発OK”の話術と資料作り

公開日:  更新日:

 仕事をスムーズに進めるには、折に触れて上司や経営者の決裁が必要になる。その都度、ゴーサインを引き出すには、社内プレゼン力がモノをいう。ビジネス書コーナーには、そのためのノウハウを解説した本がズラリと並ぶ。

「もちろん、プレゼン資料をうまく作るのは大切ですが、わずかな時間の中で経営者の機嫌を察知し、その場の雰囲気に応じて、YESと言わせる臨機応変の話術こそ大切です」

 こう言うのは、ビジネスコンサルタントの横山信治氏。今年3月までSBIモーゲージ取締役執行役員常務で、10年近くSBIグループのトップ・北尾吉孝CEOの薫陶を受けてきた。北尾氏とのプレゼン時間は、せいぜい5~10分ながら、いきなりプレゼンに入るのはよくないという。

「よく『気分屋上司の一言で仕事がひっくり返った』と言われますが、それは決裁を得ていないから。どんなに気分屋上司でも、一度ゴーサインを出したことはひっくり返せません。社内プレゼンは、上司や経営者のYESを積み重ねることが大切。だから、最初に上司の機嫌をチェックし、YESを出しやすい案件から話をスタートするのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る