“お墓事情”に異変 「ゆうパックで納骨3万円」が最新スタイル

公開日:  更新日:

■墓の維持・管理は負担が大きい

 今や2人に1人は墓を受け継ぐ必要はないと思っているという。宮崎に墓がある鈴木さん(70歳)もそのひとりだった。

「年金暮らしだからね。乳がんの妻の治療費もあって毎年、盆暮れに帰省して墓参りするのは、経済的にも体力的にもつらかった。一人で帰っても、飛行機代や電車代、土産代などで、1回に6万円近くかかる。40歳の子供はいますが、独り身で孫はいないから、墓のことは私の代で何とかしなくちゃと思い、3年前に墓じまいしたんです。両親と祖父母までのお骨は、自宅で手元供養しています」

 高齢化の今、墓の維持・管理は負担が大きい。子供がいなければ、なおさらだ。鈴木さんのような悩みを抱えている人の解決策になっているのが、手元供養だ。

 NPO手元供養協会代表の山崎譲二氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る