• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“お墓事情”に異変 「ゆうパックで納骨3万円」が最新スタイル

■墓の維持・管理は負担が大きい

 今や2人に1人は墓を受け継ぐ必要はないと思っているという。宮崎に墓がある鈴木さん(70歳)もそのひとりだった。

「年金暮らしだからね。乳がんの妻の治療費もあって毎年、盆暮れに帰省して墓参りするのは、経済的にも体力的にもつらかった。一人で帰っても、飛行機代や電車代、土産代などで、1回に6万円近くかかる。40歳の子供はいますが、独り身で孫はいないから、墓のことは私の代で何とかしなくちゃと思い、3年前に墓じまいしたんです。両親と祖父母までのお骨は、自宅で手元供養しています」

 高齢化の今、墓の維持・管理は負担が大きい。子供がいなければ、なおさらだ。鈴木さんのような悩みを抱えている人の解決策になっているのが、手元供養だ。

 NPO手元供養協会代表の山崎譲二氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る