心地良さで相手魅了…ビジネスで使える「大和言葉」実例集

公開日:  更新日:

 日本固有の言葉「大和言葉」が話題になっている。「響きが柔らかい」「品がある」などと女性たちが注目し、婚活の場や就職面接などで積極的に使われ始めた。関連本も次々に発売され、書店にはずらりと並ぶが、一体、どんな言葉なのか?

「大和言葉を仕事に生かさない手はありません。使えれば株がグンと上がりますよ」

 こう言うのは、大和言葉の第一人者にして「さりげなく思いやりが伝わる大和言葉」(幻冬舎)の著者、奈良大学教授・上野誠氏だ。

「昔から“商売は、モノを売る前に顔を売れ”といわれてきました。それは現代のビジネスにおいても同じで、“一度契約が成立した後にまた一緒に仕事がしたい”と思わせてこそ、成功です。では、どんな人物ならもう一度仕事をしたいと思うのか。それは、姿かたちの良し悪しではなく、一緒にいて心地良いと思う人。これには言葉の魅力が大きな意味を持つと思います」(上野氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る