移住者みるみる健康に 自治体も驚く「鳥取市パワー」の不思議

公開日: 更新日:

 地方都市が人口減少に苦しむ中、鳥取市に移住する人が増えている。今年度は4カ月で137人と、昨年同期の1.5倍以上。しかも、バリバリ働ける39歳以下の人を着実に増やし、年度ごとの新規移住者全体に対する39歳以下の割合は、2年前74%、昨年83%、そして今年は8月末時点で90%を超えている。

 移住者の多くから、「健康になった」という声が市に寄せられているのは見逃せない。

「主なものは、『精神的に元気になってうれしい』『ぜんそくが良くなった』『アトピーが軽くなった』『食欲が湧いた』といったことです。皆さん、うれしそうにおっしゃるので、正直、驚いています。そこで、市は鳥取大医学部の加藤敏明准教授に医学的な追跡調査を委託し、詳しい因果関係を調べる方針。前向きなデータがまとまれば、『健康にいいまち』とPRしていく計画です」(地域振興課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る