移住者みるみる健康に 自治体も驚く「鳥取市パワー」の不思議

公開日:  更新日:

 地方都市が人口減少に苦しむ中、鳥取市に移住する人が増えている。今年度は4カ月で137人と、昨年同期の1.5倍以上。しかも、バリバリ働ける39歳以下の人を着実に増やし、年度ごとの新規移住者全体に対する39歳以下の割合は、2年前74%、昨年83%、そして今年は8月末時点で90%を超えている。

 移住者の多くから、「健康になった」という声が市に寄せられているのは見逃せない。

「主なものは、『精神的に元気になってうれしい』『ぜんそくが良くなった』『アトピーが軽くなった』『食欲が湧いた』といったことです。皆さん、うれしそうにおっしゃるので、正直、驚いています。そこで、市は鳥取大医学部の加藤敏明准教授に医学的な追跡調査を委託し、詳しい因果関係を調べる方針。前向きなデータがまとまれば、『健康にいいまち』とPRしていく計画です」(地域振興課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る