昨年は199人が移住 「山梨県に住みたい」はなぜ増えた?

公開日:  更新日:

 都心住民の“ヤマナシ人気”が上昇中だ。移住先としてである。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」の「県別移住先希望ランキング」調査によると、山梨県は過去5年、8位→12位→15位→2位→1位(2014年)と推移。いつもは10位前後をウロウロしていたのに、2年前から俄然、注目度がアップした。そのワケは――。

「新宿から中央本線で山梨に向かうと、高尾付近からグッと緑が多くなります。笹子トンネルを抜けて甲府盆地が開けると、富士山が見えてきて、それこそ『ストン』と風景が切り替わる。田舎へのステップというか、都会から特急で90分ほどなのに違う国へ入ったかのよう。都会の雑踏での暮らしから解き放たれるような感覚が、より多くの人に分かってもらえるようになった結果だと思います」

 こう言うのは、“山梨押し”のひとり、倉田貴根さん。有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」内の山梨県ブースで、2年前から山梨暮らしの移住専門相談員として奮闘中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る