昨年は199人が移住 「山梨県に住みたい」はなぜ増えた?

公開日: 更新日:

 都心住民の“ヤマナシ人気”が上昇中だ。移住先としてである。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」の「県別移住先希望ランキング」調査によると、山梨県は過去5年、8位→12位→15位→2位→1位(2014年)と推移。いつもは10位前後をウロウロしていたのに、2年前から俄然、注目度がアップした。そのワケは――。

「新宿から中央本線で山梨に向かうと、高尾付近からグッと緑が多くなります。笹子トンネルを抜けて甲府盆地が開けると、富士山が見えてきて、それこそ『ストン』と風景が切り替わる。田舎へのステップというか、都会から特急で90分ほどなのに違う国へ入ったかのよう。都会の雑踏での暮らしから解き放たれるような感覚が、より多くの人に分かってもらえるようになった結果だと思います」

 こう言うのは、“山梨押し”のひとり、倉田貴根さん。有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」内の山梨県ブースで、2年前から山梨暮らしの移住専門相談員として奮闘中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る