• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨年は199人が移住 「山梨県に住みたい」はなぜ増えた?

 都心住民の“ヤマナシ人気”が上昇中だ。移住先としてである。NPO法人「ふるさと回帰支援センター」の「県別移住先希望ランキング」調査によると、山梨県は過去5年、8位→12位→15位→2位→1位(2014年)と推移。いつもは10位前後をウロウロしていたのに、2年前から俄然、注目度がアップした。そのワケは――。

「新宿から中央本線で山梨に向かうと、高尾付近からグッと緑が多くなります。笹子トンネルを抜けて甲府盆地が開けると、富士山が見えてきて、それこそ『ストン』と風景が切り替わる。田舎へのステップというか、都会から特急で90分ほどなのに違う国へ入ったかのよう。都会の雑踏での暮らしから解き放たれるような感覚が、より多くの人に分かってもらえるようになった結果だと思います」

 こう言うのは、“山梨押し”のひとり、倉田貴根さん。有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」内の山梨県ブースで、2年前から山梨暮らしの移住専門相談員として奮闘中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る