マツタケが例年の半額…“高嶺の花”はなぜ値下がりしたのか

公開日:  更新日:

 マツタケを食べるなら今がチャンス。今年は例年に比べて値段が下がっているのだ。

 東京・日本橋の老舗割烹「とよだ」の店主・橋本亨氏は「通常1キロ6万~7万円の国産マツタケが今年は5万円ほどと、お安くなっています。いまは焼きマツタケやマツタケご飯、土瓶蒸しがおいしい時季です」という。

 値下がりの理由は豊作。日本を代表するマツタケの産地、長野県上田市も収穫量が増えている。同市の「信州上小森林組合」に聞いた。

「例年1000キロ前後の収穫がありますが、今年はその2倍に達しています。そのため、いつもの6~7割の価格で出荷しているのです。豊作になったのはお盆のあと降雨が多く、残暑が厳しくなかったから。豪雨もなく、自然な形で涼しい秋を迎えたため、マツタケの繁殖に最適なコンディションになったのです」(担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る