「1000円の壁」突破 高級ラーメンが次々登場のワケ

公開日: 更新日:

 ラーメン業界には「1000円の壁」というものがある。やはり、庶民の味だからで、多くのラーメン屋は値段を1000円以下に抑えている。そんな中、最近は壁を越えるラーメン屋が出てきた。それが人気を呼んでいるのだから、常識破りだ。

 例えば池袋駅に近いラーメン屋「元祖めんたい煮こみつけ麺」。ここは「元祖めんたい煮こみつけ麺」の単独メニューで、1280円もする。それでも「こだわりの自家製明太子がたまらない」と連日、盛況になっている。

 北千住にある「みそ味専門マタドール」は厳選した4種類の味噌を使った「贅沢濃厚味噌らぁめん」が人気メニューで、これで1100円。チャーシューは牛で味玉やレンコン、トマトなど、変わり種の具が盛りだくさん。

■ナポリタンのようなつけ麺

 都内に11店舗を展開する「麺屋武蔵」の秋葉原店「麺屋武蔵巌虎」では1030円の「ベーコンエッグつけ麺」が人気だ。丼からはみ出してしまうほどのベーコンにラーメンでは珍しい目玉焼きがのっている。スープは濃厚なトマトソースでこれと太麺がよく絡む。「ナポリタン」のような味わいだ。店主の大原洋輔さんに聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る