「1000円の壁」突破 高級ラーメンが次々登場のワケ

公開日:  更新日:

 ラーメン業界には「1000円の壁」というものがある。やはり、庶民の味だからで、多くのラーメン屋は値段を1000円以下に抑えている。そんな中、最近は壁を越えるラーメン屋が出てきた。それが人気を呼んでいるのだから、常識破りだ。

 例えば池袋駅に近いラーメン屋「元祖めんたい煮こみつけ麺」。ここは「元祖めんたい煮こみつけ麺」の単独メニューで、1280円もする。それでも「こだわりの自家製明太子がたまらない」と連日、盛況になっている。

 北千住にある「みそ味専門マタドール」は厳選した4種類の味噌を使った「贅沢濃厚味噌らぁめん」が人気メニューで、これで1100円。チャーシューは牛で味玉やレンコン、トマトなど、変わり種の具が盛りだくさん。

■ナポリタンのようなつけ麺

 都内に11店舗を展開する「麺屋武蔵」の秋葉原店「麺屋武蔵巌虎」では1030円の「ベーコンエッグつけ麺」が人気だ。丼からはみ出してしまうほどのベーコンにラーメンでは珍しい目玉焼きがのっている。スープは濃厚なトマトソースでこれと太麺がよく絡む。「ナポリタン」のような味わいだ。店主の大原洋輔さんに聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る