厳格検査で罰則強化も効果なし…「欠陥物件」なぜ減らない?

公開日:  更新日:

 10年前、構造計算書の偽造で1級建築士が逮捕された。これを契機にマンション建設の検査が厳しくなり、罰則も強化された。それでも欠陥マンションの問題はなくならない。4年前には川崎のマンションで鉄筋不足などの欠陥が見つかっているし、昨年も横浜市で施工ミスによる傾斜が発覚した。

 ゼネコン勤務時代に施工管理に携わっていた1級建築士の崎山正男氏(仮名)が言う。

「今回問題になったマンションは、山を切り開き、切り土と盛り土をして土地を平坦にしています。このような場所では、数千年かけて積み上げた切り土部分と、数カ月前に即席で盛り土をした部分で、地盤の強さが全然違う。実際に盛り土部分が“沈下”を起こし、手すり部分の“段差”となって、誰の目にも明らかなズレが露呈した格好です」

 国土の狭い日本では、この手の土地に建てられたマンションは少なくない。これがまず、問題の背景にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る