9月に大幅リニューアル 江崎グリコ「ポッキー」50年の歴史

公開日:  更新日:

 1966年の発売開始から50年目。江崎グリコの「ポッキー」が好調だ。日本を代表するチョコレート菓子ブランドは現在、日本を含む世界約30カ国で年間約5億箱(3.8億ドル)を売り上げており、これまでの累計販売箱数は100億箱超。パッケージを重ねると地球から月を2往復以上する計算だという。今年9月、主要シリーズ5品を大幅にリニューアルした。

 プレッツェルをチョコでコーティングした「ポッキー」は、同社商品「プリッツ」に「チョコレートをかけてみたら」という発想から誕生。スティック状で持ち手があり、手を汚さず食べられるチョコ菓子は大反響で、66年10月に発売した初代「ポッキーチョコレート」はまたたく間にヒット商品へと成長した。

 以降、順調に売り上げを拡大。その成功要因のひとつがバリエーション展開である。71年発売の「アーモンドポッキー」(現在は終売)をスタートに、これまでいろいろな味を開発してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る