• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【箸】材料と作業量に比例した値付け

手前は「古代若狭塗」、奥は「輪島塗初音高蒔絵」(C)日刊ゲンダイ

 今使っている箸、いつ買ったか覚えているだろうか。最近は割り箸で済ませる人も多いのかもしれない。

 銀座にある箸の専門店「夏野本店」には木箸から塗り箸、象牙、純金製までが所狭しと並ぶ。売れ筋は、1000円から2000円の間といったところだ。店長の佐藤…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事