• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宅建士が指南 「訳あり物件」引っ越しでつかまない知恵

 近年、住宅トラブルはさまざまな形で表面化している。

 先の横浜市のマンション傾斜問題がいい例だ。古くは耐震偽装でモメた05年の姉歯事件。その後、06年には新築住宅着工件数が過去15年でピークになった。これらの物件は来年で築10年を迎える。新築住宅は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で、完成引き渡しから10年間は保証の義務がある。その“期限切れ”が迫っているのだ。

 これだけではない。近隣住民の騒音トラブル、悪臭、共有スペースでの外国人のマナーなどを抱えた物件は、みな“訳あり物件”に含まれる。過去に自殺や殺人があった部屋などは言うまでもないだろう。万が一、“訳あり物件”をつかまされたら大変だ。一体、どうすればいいか。

「訳あり物件の見抜き方」(ポプラ新書)の著者・南野真宏氏に聞いた。

■事前に建築士と一緒に下見

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る