• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

品川、目黒はミニバブル 在庫増「中古マンション」狙い目は?

 都内で中古マンションの在庫が急増している。不動産情報サービスの「東京カンテイ」が24日に発表した「東京23区の中古マンション在庫(10月)」は、前年同月比で33.6%、前月比で9.8%増加した。2年7カ月ぶりの高水準である。

 首都圏1都3県の10月の中古マンション平均価格(70平方メートル換算)は、前年同月比で12.3%、前月比で1.2%増の3197万円だった。14カ月連続の値上がりだという。価格が上がった分、購入を控える人が増えて、在庫が積みあがったとみられている。そこに杭問題が出てきたので、余計に“買い控え”が起きているのだろう。東京カンテイ市場調査部・高橋雅之氏が言う。

「品川区、目黒区をはじめ城南・城西エリアは昨年下半期から価格が高騰しているので、売り出す人が増えています。ミニバブルで売りを控えていた人が動き出したとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る