“ギフトの達人”指南 低予算サプライズなXmasプレゼント

公開日:  更新日:

 クリスマスというと恋人や家族と過ごすイメージがあるが、ハロウィーンの影響か、最近はホームパーティーを開く人が増えている。一般社団法人「日本ホームパーティー協会」のアンケート調査によると、開催人数は4~5人(45%)が最も多く、予算はプレゼントも含めて3000~5000円(37%)が1位だという。しかし、慣れない人が、急にパーティーに招かれても何を持参すればいいか迷ってしまう。

「プレゼント選びの基本は金額ではありません。ひねりがきいていて、贈り手も贈られた相手も笑顔になるようなアイテムを探しましょう。クリスマスだから、普段の手土産よりも少し華やかなものが喜ばれると思います。5000円も予算があればいろいろ選べます」

 こう言うのは、“ギフトの達人”として知られる生活総合情報サイト「All About」の「お祝い・ギフト」ガイドの冨田いずみさん。そうは言っても、そのひねりや工夫が難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る