夜景評論家が分析 「イルミネーション」の意外な効果

公開日:  更新日:

 いまや冬の定番観光スポットとなったイルミネーション。地方の遊園地などでは、イルミネーションを施していない施設はないと言っていいほどだ。

 夜景評論家の丸々もとお氏は、「まさにイルミネーション戦国時代。電球の数が5万、10万では勝負になりません。今年から始まった『伊豆ぐらんぱる公園』は、いきなり200万球での実施。2億円以上の初期投資です」と解説する。

 電球の数は増えてもCPはいい。ほとんどのところで電気代の安いLEDを使っているため、1カ月あたりの電気代は100万球で10万円ちょっと。それだけの投資で、飲食代やお土産代などの副次的収入を期待できる。当たればうまみの多いイベントなのだ。ちなみに関東3大イルミネーションとされているのは、「あしかがフラワーパーク」(300万球)、「東京ドイツ村」(250万球)、「江の島湘南の宝石」(電球数は非公開)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る