• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夜景評論家が分析 「イルミネーション」の意外な効果

 いまや冬の定番観光スポットとなったイルミネーション。地方の遊園地などでは、イルミネーションを施していない施設はないと言っていいほどだ。

 夜景評論家の丸々もとお氏は、「まさにイルミネーション戦国時代。電球の数が5万、10万では勝負になりません。今年から始まった『伊豆ぐらんぱる公園』は、いきなり200万球での実施。2億円以上の初期投資です」と解説する。

 電球の数は増えてもCPはいい。ほとんどのところで電気代の安いLEDを使っているため、1カ月あたりの電気代は100万球で10万円ちょっと。それだけの投資で、飲食代やお土産代などの副次的収入を期待できる。当たればうまみの多いイベントなのだ。ちなみに関東3大イルミネーションとされているのは、「あしかがフラワーパーク」(300万球)、「東京ドイツ村」(250万球)、「江の島湘南の宝石」(電球数は非公開)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る