恋愛自由も…大島優子「Xmasは仕事」は勝ち組の証明

公開日:  更新日:

「クリスマスはお仕事です」

 アイドルや女優が言うお決まりの“テンプレートワード”。16日、「BEST BEAUTY OF THE YEAR」に出席した大島優子(27)もご多分に漏れず「仕事が入ってます」と苦笑いしたが、「毎年クリスマスは縁がなくて、楽しかった記憶がない。来年、再来年のクリスマスは愛されていたいですね」と未来の“彼”を妄想して交際を予言。

 プレゼントは「いらないかも」と謙虚ながら、同席した植松晃士が「プレゼントって愛の形みたいでいいじゃな~い。もらえるとしたら?」とたきつけると、「う~ん、家! 家を買ってくれたら犬を飼います」といきなり大きな野望を語った。

 かつてはウエンツ瑛士(30)や複数のジャニーズアイドルと噂になるも、決定的な熱愛写真なるものはナシ。イベントでも「27歳で結婚したかったけど全く実りそうにない。30歳までにと言うのも見えないので、40歳までには何とか……」と結婚目標年齢の大幅延長を宣言。揚げ句には「ゴルフを始めたい。ゴルフのできるステキな男性、お待ちしてます♡」とテレビカメラに向かって“婚活”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る