恋愛自由も…大島優子「Xmasは仕事」は勝ち組の証明

公開日: 更新日:

「クリスマスはお仕事です」

 アイドルや女優が言うお決まりの“テンプレートワード”。16日、「BEST BEAUTY OF THE YEAR」に出席した大島優子(27)もご多分に漏れず「仕事が入ってます」と苦笑いしたが、「毎年クリスマスは縁がなくて、楽しかった記憶がない。来年、再来年のクリスマスは愛されていたいですね」と未来の“彼”を妄想して交際を予言。

 プレゼントは「いらないかも」と謙虚ながら、同席した植松晃士が「プレゼントって愛の形みたいでいいじゃな~い。もらえるとしたら?」とたきつけると、「う~ん、家! 家を買ってくれたら犬を飼います」といきなり大きな野望を語った。

 かつてはウエンツ瑛士(30)や複数のジャニーズアイドルと噂になるも、決定的な熱愛写真なるものはナシ。イベントでも「27歳で結婚したかったけど全く実りそうにない。30歳までにと言うのも見えないので、40歳までには何とか……」と結婚目標年齢の大幅延長を宣言。揚げ句には「ゴルフを始めたい。ゴルフのできるステキな男性、お待ちしてます♡」とテレビカメラに向かって“婚活”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る