恋愛自由も…大島優子「Xmasは仕事」は勝ち組の証明

公開日:  更新日:

「クリスマスはお仕事です」

 アイドルや女優が言うお決まりの“テンプレートワード”。16日、「BEST BEAUTY OF THE YEAR」に出席した大島優子(27)もご多分に漏れず「仕事が入ってます」と苦笑いしたが、「毎年クリスマスは縁がなくて、楽しかった記憶がない。来年、再来年のクリスマスは愛されていたいですね」と未来の“彼”を妄想して交際を予言。

 プレゼントは「いらないかも」と謙虚ながら、同席した植松晃士が「プレゼントって愛の形みたいでいいじゃな~い。もらえるとしたら?」とたきつけると、「う~ん、家! 家を買ってくれたら犬を飼います」といきなり大きな野望を語った。

 かつてはウエンツ瑛士(30)や複数のジャニーズアイドルと噂になるも、決定的な熱愛写真なるものはナシ。イベントでも「27歳で結婚したかったけど全く実りそうにない。30歳までにと言うのも見えないので、40歳までには何とか……」と結婚目標年齢の大幅延長を宣言。揚げ句には「ゴルフを始めたい。ゴルフのできるステキな男性、お待ちしてます♡」とテレビカメラに向かって“婚活”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る