DL増加率トップに フリマアプリ「メリカリ」の使い勝手

公開日: 更新日:

 師走も押し迫り、大掃除シーズン。ときめき片付け術とか断捨離がはやっているが、整理下手やケチにはハードルが高い。手っ取り早く売り払えたらどんなにラクか……。そうしたニーズをつかんでいるのがスマホアプリ「メルカリ」だ。フリマ感覚で手軽に売買できるのが売り。視聴行動分析サービスの「ニールセン」のネット利用者調査によると、2015年の国内スマホアプリの対前年比ダウンロード(DL)増加率で3・11倍をマークして1位になった。

 メルカリは13年7月にサービスを始め、14年9月には米国進出。創業者の山田進太郎社長はフォーブスジャパンが選ぶ「日本の起業家ランキング」で2年連続トップにつけた。

 15年の国内ダウンロード数は1300万を突破。月間利用者数でネットオークション界の巨人「ヤフオク!」を超える人気だ。

「1日平均数十万点以上が出品され、購入金額ベースで月間数十億円の取引があります。肌感覚では20~30代女性に多くご利用いただいています。年末年始は大掃除の処分品や、福袋の不用品を出品されるお客さまが増えます。引っ越しシーズンや衣替えの時期も利用が伸びますね」(メルカリ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る