• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DL増加率トップに フリマアプリ「メリカリ」の使い勝手

 師走も押し迫り、大掃除シーズン。ときめき片付け術とか断捨離がはやっているが、整理下手やケチにはハードルが高い。手っ取り早く売り払えたらどんなにラクか……。そうしたニーズをつかんでいるのがスマホアプリ「メルカリ」だ。フリマ感覚で手軽に売買できるのが売り。視聴行動分析サービスの「ニールセン」のネット利用者調査によると、2015年の国内スマホアプリの対前年比ダウンロード(DL)増加率で3・11倍をマークして1位になった。

 メルカリは13年7月にサービスを始め、14年9月には米国進出。創業者の山田進太郎社長はフォーブスジャパンが選ぶ「日本の起業家ランキング」で2年連続トップにつけた。

 15年の国内ダウンロード数は1300万を突破。月間利用者数でネットオークション界の巨人「ヤフオク!」を超える人気だ。

「1日平均数十万点以上が出品され、購入金額ベースで月間数十億円の取引があります。肌感覚では20~30代女性に多くご利用いただいています。年末年始は大掃除の処分品や、福袋の不用品を出品されるお客さまが増えます。引っ越しシーズンや衣替えの時期も利用が伸びますね」(メルカリ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る