DL増加率トップに フリマアプリ「メリカリ」の使い勝手

公開日: 更新日:

 師走も押し迫り、大掃除シーズン。ときめき片付け術とか断捨離がはやっているが、整理下手やケチにはハードルが高い。手っ取り早く売り払えたらどんなにラクか……。そうしたニーズをつかんでいるのがスマホアプリ「メルカリ」だ。フリマ感覚で手軽に売買できるのが売り。視聴行動分析サービスの「ニールセン」のネット利用者調査によると、2015年の国内スマホアプリの対前年比ダウンロード(DL)増加率で3・11倍をマークして1位になった。

 メルカリは13年7月にサービスを始め、14年9月には米国進出。創業者の山田進太郎社長はフォーブスジャパンが選ぶ「日本の起業家ランキング」で2年連続トップにつけた。

 15年の国内ダウンロード数は1300万を突破。月間利用者数でネットオークション界の巨人「ヤフオク!」を超える人気だ。

「1日平均数十万点以上が出品され、購入金額ベースで月間数十億円の取引があります。肌感覚では20~30代女性に多くご利用いただいています。年末年始は大掃除の処分品や、福袋の不用品を出品されるお客さまが増えます。引っ越しシーズンや衣替えの時期も利用が伸びますね」(メルカリ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る