日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【キャリーケース】安物は摩擦で車軸が溶ける!?

前面ポケットにはB4サイズが入る(C)日刊ゲンダイ

 移動の必需品となったキャリーケースは、電車の中や駅のホームで見ない日はないのではないか。ちまたでは1000円台からあり、上位で2万円台、さらに間が開いて5万円台と値段も幅広い。

 写真は、明治26年創業の旅行カバン専門メーカー、サンコー鞄の最新ビジ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事