17年卒就活すでに佳境も…まだ間に合う“穴場”業界は?

公開日:  更新日:

 正月もまだ5日だが、来年(2017年)卒の大学生・院生の就活は、すでに真っただ中だ。経団連が昨年11月、加盟企業の就活スケジュールの選考開始時期を現行の8月から6月に変更したためだ。

「面接など採用選考の解禁日が2カ月前倒しとなりましたが、解禁日のルールは昨年変更されたばかり。しかも16年卒の変更は13年に決定し、少し余裕があったのに対し、今回は前年に決まった。例年にないドタバタで、企業側は大混乱です」(大手金融人事担当者)

 経団連に加盟していないIT企業、ベンチャーなどは例年2、3月に採用試験をスタートする。

「IT業界の人気企業である楽天やLINEは、すでに選考を始めています。経団連に加盟していない企業は6月には内定を出し終えているでしょう。経団連加盟の一部企業は、実質的には3、4月から選考を開始するとみています」(大学ジャーナリスト・石渡嶺司氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る