全国的なポカポカ陽気で気になる「経済マイナス効果」

公開日: 更新日:

 暖冬である。街ではコートを脱いで歩いている男女をよく見かける。気象庁のデータでは、昨年11月の東京の平均気温は13.9度で平年を1.8度、12月は9.3度で平年を1.7度上回った。年明けの数日は「全国的に3~4月並みの陽気」と報じられている。

 温かいのはけっこうだが、気になるのが経済へのマイナス効果だ。日本百貨店協会が発表した11月の全国の百貨店の売上高は5418億円。前年同月比で2.7%減となった。同協会は「平均気温が高く推移したため、コートやジャケットなど重衣料の動きが鈍く、主力の衣料品が8.5%減に終わった」と分析している。

 大手の高島屋は4日、売上速報を発表。全国17店舗の12月の売り上げは0.3%増と健闘したものの、衣料品では苦戦している。

「12月は前年同月比で紳士服が10%減、婦人服が7%減でした。このうちコートは男女で17~18%減。マフラーや手袋は20%減です」(同社広報IR室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る