全国的なポカポカ陽気で気になる「経済マイナス効果」

公開日:  更新日:

 暖冬である。街ではコートを脱いで歩いている男女をよく見かける。気象庁のデータでは、昨年11月の東京の平均気温は13.9度で平年を1.8度、12月は9.3度で平年を1.7度上回った。年明けの数日は「全国的に3~4月並みの陽気」と報じられている。

 温かいのはけっこうだが、気になるのが経済へのマイナス効果だ。日本百貨店協会が発表した11月の全国の百貨店の売上高は5418億円。前年同月比で2.7%減となった。同協会は「平均気温が高く推移したため、コートやジャケットなど重衣料の動きが鈍く、主力の衣料品が8.5%減に終わった」と分析している。

 大手の高島屋は4日、売上速報を発表。全国17店舗の12月の売り上げは0.3%増と健闘したものの、衣料品では苦戦している。

「12月は前年同月比で紳士服が10%減、婦人服が7%減でした。このうちコートは男女で17~18%減。マフラーや手袋は20%減です」(同社広報IR室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る