大雪で電車ストップ 駅員より役立つ“お助けアプリ”の実力

公開日:  更新日:

 東日本の雪は18日早朝までに東京都心部で積雪5センチを記録し、3年ぶりの大雪となった。気象庁によると、今月末にも寒波が予想されている。冬に雪が降るのは仕方ないとして、困るのは通勤・帰宅時の交通機関の乱れだ。

 いや~、降雪による電車の遅延には参った。18日午前9時ごろ、東京メトロ「日比谷線」の神谷町から茅場町まで通常13~14分のところ、30分以上もかかる始末だった。日比谷線の遅れは、北千住で相互運転する東武スカイツリーラインのダイヤが乱れたのが原因。私鉄との相互乗り入れが増えるのは歓迎だが、こんな悪影響もあるようだ。

 東京メトロでも、比較的、自然災害に強いとされるのが、「銀座線」と「丸ノ内線」。逆にダメなのが、他の電車の影響を受けやすい「半蔵門線」「有楽町線」「南北線」「副都心線」だ。代替ルートを考える際に参考にしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る