大雪で電車ストップ 駅員より役立つ“お助けアプリ”の実力

公開日:  更新日:

 東日本の雪は18日早朝までに東京都心部で積雪5センチを記録し、3年ぶりの大雪となった。気象庁によると、今月末にも寒波が予想されている。冬に雪が降るのは仕方ないとして、困るのは通勤・帰宅時の交通機関の乱れだ。

 いや~、降雪による電車の遅延には参った。18日午前9時ごろ、東京メトロ「日比谷線」の神谷町から茅場町まで通常13~14分のところ、30分以上もかかる始末だった。日比谷線の遅れは、北千住で相互運転する東武スカイツリーラインのダイヤが乱れたのが原因。私鉄との相互乗り入れが増えるのは歓迎だが、こんな悪影響もあるようだ。

 東京メトロでも、比較的、自然災害に強いとされるのが、「銀座線」と「丸ノ内線」。逆にダメなのが、他の電車の影響を受けやすい「半蔵門線」「有楽町線」「南北線」「副都心線」だ。代替ルートを考える際に参考にしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る