ルーツは“男子会” スペシャリストが語る「合コン」の歴史

公開日: 更新日:

 今宵も日本のあちこちで、出会いを求める男女が開催している「コンパ(合コン)」。最近は、彼女や彼を見つけたい若者に限らず、「バツイチだけ」「既婚者オンリー」なんてのもある。いくつになっても、どんな状況にあっても、「新たな異性と知り合いたい」という欲求は衰えないものだが、その歴史を知っていれば、今夜のコンパも盛り上がるはず。日本合コン協会会長の絵音氏に聞いた。

■ルーツは男子会

 コンパの名前が生まれたのは明治時代。旧制高校の学生が、カンパニー(集まり)の隠語でコンパという言葉を作ったのがきっかけだという。むろん和製英語である。

「1911年4月15日発行の文芸雑誌『冒険世界増刊号』に、寮学生らの《『オイ、コンパをやらんか』突然声は其処から起つた。》といった会話が掲載されています。また、1926年刊行当時の世相を描いた『明治大正見聞史』にも、明治時代の学生生活について《常にコンパニーということをした》などと記述されています。ただ、当時はパンや菓子を持ち寄って語らう会のようでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る