「社員をうつ病に」で物議 ブラック社労士からどう身を守る

公開日:  更新日:

 昨年暮れ、愛知県内のベテラン男性社労士が自らのブログに「社員をうつ病に罹患させる方法」を公開して物議を醸している。

 本来社労士は労働法に準拠するよう会社を指導する立場にあるのだが、実態はそうではない。ブログでは辞めさせたい社員に対し、「失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること、不快に感じたこと、悲しかったことなどを思い出せるだけ書かせ、その事柄に対して自分に非があるように関連付けて書くことを繰り返させる」よう勧める。検察官が犯人の自白を引き出す際によく用いる手法で、精神的に追い込む効果がある。他にも、勤務時間中の喫煙禁止など細かなアドバイスもあった。

■自己都合で退社させる仕組み

 ある社労士は「顧問先(企業側)からお金をいただいているのですから、社員を辞めさせたいと言われればそれなりの方法を考えます」と話す。コンプライアンスが叫ばれる中、このような状況は常態化しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る