スタバ進出から1年足らず 鳥取県がなぜ“コーヒー天国”に?

公開日: 更新日:

 1月に総務省から発表された一般家庭の1年間のコーヒー購入額が、全国の県庁所在地や政令指定都市計52都市で鳥取がトップに立ったことがわかった。

 前年の29位から急上昇した背景には、あの大手コーヒーチェーンの影響も。昨年5月、全国の都道府県のなかで最も遅くスターバックスが出店したことは大きな話題になった。

「もともとコーヒー好きの県民性。そこへ、スタバの影響でコーヒーが注目され、購入額が多くなったのではないか」と、地元喫茶店の有志らが集う「鳥取珈琲文化振興会」の東田慶氏はこう分析する。

 今回、家庭での購入額がトップとなったが、もともと鳥取のコーヒー消費量は全国でも常に上位に位置しており、鳥取県民は根っからのコーヒー好きと言えそうだ。

■マニアをうならせる店が乱立

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る