<第7回>お茶の水女子大が牽引 文京区に押し寄せる“難民”

公開日: 更新日:

 東京都の待機児童問題は深刻だ。2015年は保育所に入れなかった子どもたちが7814人に上った。トップの世田谷区は1182人も抱えている。親は必死だ。保育所難民にはなるまいと、施設の多い自治体に引っ越すのは当たり前。いま子育て世代が押し寄せているのが文京区だという。

「お茶の水女子大が16年度に認可保育所と幼稚園を併設したこども園をつくり、0歳から4歳児まで受け入れるんです。名門校の付属の上、皇室効果もあり、転居して入所を狙う親御さんが出るほど人気を集めています。それで、周辺保育所の倍率も押し上げられているんです」(教育関係者)

 お茶の水女子大の保育所の募集人員は0歳6人、1歳10人、2~4歳がそれぞれ11人だった。申請書には第5志望まで書き込める。延べ応募数は0歳141人、1歳225人、2歳162人、3歳93人、4歳71人だった。難関大に入学するよりもずっとハードルが高い。その多くが文京区外から入所目的で引っ越してきたファミリーだとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る