• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第7回>お茶の水女子大が牽引 文京区に押し寄せる“難民”

 東京都の待機児童問題は深刻だ。2015年は保育所に入れなかった子どもたちが7814人に上った。トップの世田谷区は1182人も抱えている。親は必死だ。保育所難民にはなるまいと、施設の多い自治体に引っ越すのは当たり前。いま子育て世代が押し寄せているのが文京区だという。

「お茶の水女子大が16年度に認可保育所と幼稚園を併設したこども園をつくり、0歳から4歳児まで受け入れるんです。名門校の付属の上、皇室効果もあり、転居して入所を狙う親御さんが出るほど人気を集めています。それで、周辺保育所の倍率も押し上げられているんです」(教育関係者)

 お茶の水女子大の保育所の募集人員は0歳6人、1歳10人、2~4歳がそれぞれ11人だった。申請書には第5志望まで書き込める。延べ応募数は0歳141人、1歳225人、2歳162人、3歳93人、4歳71人だった。難関大に入学するよりもずっとハードルが高い。その多くが文京区外から入所目的で引っ越してきたファミリーだとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る