<第8回>「定員緩和」の落とし穴 保育園に“ブラック化”の恐れ

公開日: 更新日:

「保育園落ちた」の匿名ブログがきっかけで、待機児童問題が炸裂。焦る安倍政権は、大急ぎで“対策”をまとめていて、認可保育所より小さい面積で設置が可能な「小規模保育所」の定員枠を緩和する方針だ。現状では19人と定められている定員を、二十数人まで増やすという。

 枠が広がれば待機児童の減少に一役買いそうだが、落とし穴がある。

 子供1人当たりの保育士の人数まで緩和されれば、保育の質の低下が危惧される。ただでさえ重労働の保育士の負担がさらに増え、場合によっては保育所の“ブラック化”を招く恐れもある。

「ブラック保育園被害者の会」の田中絵里緒会長はこう話す。

「園長の意識が低かったり、人手が不足していたりと、保育園が“ブラック化”する原因はさまざまです。言うことを聞かない子を床に正座させたまま放置したり、たたくなどの暴力を振るうケースも枚挙にいとまがありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る