指導法だけじゃない 千葉&群馬「英語力」全国1位の真相

公開日: 更新日:

 英語力の1位は千葉と群馬――。こんな調査結果が話題になっている。

 文科省が2015年度の英語教育実施状況を発表したもので、中学は英検3級以上を取得あるいは3級以上の学力があると教員が認めた生徒の割合。

 高校は英検準2級あるいは準2級以上の学力があると認められた生徒の割合を全国的に比較した。

 その結果、中学の1位は千葉で52.1%。これに秋田(48.6%)、東京(47.9%)と続いている。高校は群馬がトップで49.4%。以下、千葉(45.5%)、福井(42.5%)の順だ。ちなみに東京は35.9%で14位だった。千葉と群馬はどんな教育を行っているのか。それぞれの県に聞いてみた。

「英語検定のダイジェスト版である『英検IBA』を授業の一環として受けさせているため、英語を勉強する時間が増えたのだと思われます。また、教科書のほかに学習到達目標を設定した参考資料『CAN―DOリスト』を学校ごとに作成し、その過程で指導力のある教員がほかの教員に指導研修を行っていることも大きいようです」(千葉県教育庁指導課・谷裕之担当主事)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る