• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出身地で得手不得手 外国語上達のカギは「方言」にあり

 ビジネススキルのアップのため、英語や中国語に取り組んだり、はたまた韓流ブームに感化されて韓国語を学んだり。やろうと思っている人も多いだろうが、ちょっと待った!実は出身地によって、得意不得意な語学があるというのだ。

「かつて秋田弁で歌われた『大きな古時計』、最近では宮崎県小林市の西諸弁ナレーションの移住促進ビデオがフランス語に聞こえるとして、話題になりましたよね。こんなふうに、方言と外国語って、遠いようで実は近いんです。つまり、出身地の方言によって学びやすい外国語というのがあるんですよ」

 こう言うのは、東京外語大学名誉教授の井上史雄氏だ。

 井上氏によると、方言のアクセント、母音・子音、文法が似ている外国語を選べば、習得しやすいのだそうだ。

 で、フランス語、中国語、英語、韓国語と方言の類似性はというと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る