出身地で得手不得手 外国語上達のカギは「方言」にあり

公開日: 更新日:

 ビジネススキルのアップのため、英語や中国語に取り組んだり、はたまた韓流ブームに感化されて韓国語を学んだり。やろうと思っている人も多いだろうが、ちょっと待った!実は出身地によって、得意不得意な語学があるというのだ。

「かつて秋田弁で歌われた『大きな古時計』、最近では宮崎県小林市の西諸弁ナレーションの移住促進ビデオがフランス語に聞こえるとして、話題になりましたよね。こんなふうに、方言と外国語って、遠いようで実は近いんです。つまり、出身地の方言によって学びやすい外国語というのがあるんですよ」

 こう言うのは、東京外語大学名誉教授の井上史雄氏だ。

 井上氏によると、方言のアクセント、母音・子音、文法が似ている外国語を選べば、習得しやすいのだそうだ。

 で、フランス語、中国語、英語、韓国語と方言の類似性はというと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る