出身地で得手不得手 外国語上達のカギは「方言」にあり

公開日: 更新日:

 ビジネススキルのアップのため、英語や中国語に取り組んだり、はたまた韓流ブームに感化されて韓国語を学んだり。やろうと思っている人も多いだろうが、ちょっと待った!実は出身地によって、得意不得意な語学があるというのだ。

「かつて秋田弁で歌われた『大きな古時計』、最近では宮崎県小林市の西諸弁ナレーションの移住促進ビデオがフランス語に聞こえるとして、話題になりましたよね。こんなふうに、方言と外国語って、遠いようで実は近いんです。つまり、出身地の方言によって学びやすい外国語というのがあるんですよ」

 こう言うのは、東京外語大学名誉教授の井上史雄氏だ。

 井上氏によると、方言のアクセント、母音・子音、文法が似ている外国語を選べば、習得しやすいのだそうだ。

 で、フランス語、中国語、英語、韓国語と方言の類似性はというと……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る