転職35歳の壁崩壊で急増「中年新人」迎え入れる6つの心得

公開日: 更新日:

 定説だった「転職35歳の壁」が崩れ、職場に“中年の新人”が増えている。そもそも、これまで敬遠されてきた理由は「なじまないから」(一橋大特任教授の西山昭彦氏=経営学)の一言に尽きる。即戦力とはいえ、出来上がっていて扱いづらいのだからしょうがないが、イチから新人を育てる余裕のない会社は、そうも言ってられない。どう迎えればいいのか。

■双方のミスマッチ防ぐ面接のポイント

 昨年、人材サービスのエン・ジャパンが中途採用支援サイトを利用する約280社を対象に調査したアンケートによると、「直近3年以内に35歳以上の人を採用した」という企業は83%。「今後ミドルを採用したい」との回答も81%に上った。

 根強いニーズがあることがよく分かる。

 しかし、経営コンサルタントの鈴木丈織氏(心理学博士)は、「ミスマッチを防止するために、いくつか面接のポイントがあります」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る