相手を見極め怒らせない 謝罪のセオリーとNG表現集

公開日:  更新日:

 乙武洋匡氏(39)は謝罪の仕方でヘタを打った。誰しも失敗するが肝心なのは頭の下げ方だ。少しのことで「天国」と「地獄」が分かれる。

「『タラレバ話』が決定打になりました」と肩を落とすのは、サービス企業に勤務するAさん(42)だ。クライアントとの打ち合わせ案件に関し、Aさんの説明不足により予算額の大幅アップが判明。担当者と年齢が近く、何度か酒を酌み交わしたことがあり“一歩踏み込んだ関係”を築けていると過信していた。当日の22時すぎ、「僕の説明不足でした~♪」と明るく軽いノリで携帯電話に連絡を入れた。

 Aさんの予想に反し担当者は激怒。「非常識な時間の電話」「軽いノリ」の2つに加え、この一言で完全にプッツンさせてしまった。

「『あの時、細かく説明していたら、今の金額に納得できました?』と思わず聞いてしまったんです。すると、『今、タラレバ話をして何になる!』と担当者の怒りがヒートアップ。上司が菓子折りを持って謝りに行かなければならない事態に陥り、私の評価は急低下しました」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る