相手を見極め怒らせない 謝罪のセオリーとNG表現集

公開日: 更新日:

 乙武洋匡氏(39)は謝罪の仕方でヘタを打った。誰しも失敗するが肝心なのは頭の下げ方だ。少しのことで「天国」と「地獄」が分かれる。

「『タラレバ話』が決定打になりました」と肩を落とすのは、サービス企業に勤務するAさん(42)だ。クライアントとの打ち合わせ案件に関し、Aさんの説明不足により予算額の大幅アップが判明。担当者と年齢が近く、何度か酒を酌み交わしたことがあり“一歩踏み込んだ関係”を築けていると過信していた。当日の22時すぎ、「僕の説明不足でした~♪」と明るく軽いノリで携帯電話に連絡を入れた。

 Aさんの予想に反し担当者は激怒。「非常識な時間の電話」「軽いノリ」の2つに加え、この一言で完全にプッツンさせてしまった。

「『あの時、細かく説明していたら、今の金額に納得できました?』と思わず聞いてしまったんです。すると、『今、タラレバ話をして何になる!』と担当者の怒りがヒートアップ。上司が菓子折りを持って謝りに行かなければならない事態に陥り、私の評価は急低下しました」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  10. 10

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

もっと見る