相手を見極め怒らせない 謝罪のセオリーとNG表現集

公開日:  更新日:

 乙武洋匡氏(39)は謝罪の仕方でヘタを打った。誰しも失敗するが肝心なのは頭の下げ方だ。少しのことで「天国」と「地獄」が分かれる。

「『タラレバ話』が決定打になりました」と肩を落とすのは、サービス企業に勤務するAさん(42)だ。クライアントとの打ち合わせ案件に関し、Aさんの説明不足により予算額の大幅アップが判明。担当者と年齢が近く、何度か酒を酌み交わしたことがあり“一歩踏み込んだ関係”を築けていると過信していた。当日の22時すぎ、「僕の説明不足でした~♪」と明るく軽いノリで携帯電話に連絡を入れた。

 Aさんの予想に反し担当者は激怒。「非常識な時間の電話」「軽いノリ」の2つに加え、この一言で完全にプッツンさせてしまった。

「『あの時、細かく説明していたら、今の金額に納得できました?』と思わず聞いてしまったんです。すると、『今、タラレバ話をして何になる!』と担当者の怒りがヒートアップ。上司が菓子折りを持って謝りに行かなければならない事態に陥り、私の評価は急低下しました」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る