相手を見極め怒らせない 謝罪のセオリーとNG表現集

公開日: 更新日:

 乙武洋匡氏(39)は謝罪の仕方でヘタを打った。誰しも失敗するが肝心なのは頭の下げ方だ。少しのことで「天国」と「地獄」が分かれる。

「『タラレバ話』が決定打になりました」と肩を落とすのは、サービス企業に勤務するAさん(42)だ。クライアントとの打ち合わせ案件に関し、Aさんの説明不足により予算額の大幅アップが判明。担当者と年齢が近く、何度か酒を酌み交わしたことがあり“一歩踏み込んだ関係”を築けていると過信していた。当日の22時すぎ、「僕の説明不足でした~♪」と明るく軽いノリで携帯電話に連絡を入れた。

 Aさんの予想に反し担当者は激怒。「非常識な時間の電話」「軽いノリ」の2つに加え、この一言で完全にプッツンさせてしまった。

「『あの時、細かく説明していたら、今の金額に納得できました?』と思わず聞いてしまったんです。すると、『今、タラレバ話をして何になる!』と担当者の怒りがヒートアップ。上司が菓子折りを持って謝りに行かなければならない事態に陥り、私の評価は急低下しました」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔