• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1時間1000円の“おっさんレンタル” 女性記者が試してみた

 誰かをとっ捕まえて話すほどでもないけど、何だかたまっている。しゃべりたい。そんな微妙なニーズにもこたえてくれるのが「おっさんレンタル」。文字通り、おっさんをレンタルするサービスで、料金は1時間1000円。エッチなお願い以外は何でも聞いてくれるらしい。本紙記者(39)が注文してみた。

 HPを開くと、おっさんの写真がズラリと並んでいる。人気ランキングはないし、均一料金なのでプロフィルで選別するしかない。15分ほど悩んで、新着のおっさん(47)に決めた。〈心理カウンセラーとして活動〉〈優しそう・聞き上手と言われます〉〈ホルモンのお店がある街は大好き〉と書いてあったからだ。ショッピングカートにおっさん2時間分を入れて、クレジットカードで支払い。翌日、おっさんからのメールが来た。知らない人と、しらふで向き合うのは気が重いので、〈ホルモンを食べながら職場の愚痴を聞いてもらいたい〉とリクエストすると、希望通り3日後に会うことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る