地方移住の成功3原則 「田舎暮らしの本」編集長に聞いた

公開日:  更新日:

 新年度が始まっても変わらぬ日常にヘキエキし、Iターンなど「地方移住」を思い描く人も多いだろう。市場調査を行う「インテージリサーチ」によれば、7人に1人(13.7%)は「都会から地方へ」の移住意向があるそうだ。むろん、これまでと全く違う住環境に馴染むのは容易ではないが、成功の秘訣はちゃ~んとある。

「田舎暮らしの本」(宝島社)編集長の柳順一さんは、「新しい土地に住むのは、転職するのと同じようなもの」と話す。これならサラリーマンもイメージしやすい。つまり、転職と同じように「金銭面」「環境面」「家族の同意」の3条件が満たされていないと、移住だって成功しないわけだ。

 まずは、新天地で得られる収入で生活費などを賄えるかをチェックする。「田舎暮らしにはカネがかからない」と考えがちだが、そうとは限らない。家賃は安いが、ガソリン代や暖房費などは都会より高くなりがちだ。給与水準が低いことも考慮に入れなくてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る