笑える、ムカつく…子供の語彙不足はマークシートが原因か

公開日: 更新日:

 10日、東大の合格発表が行われた。受験エリートの喜びの笑顔であふれていたが、この大学入試が2020年度に始まる「大学入学希望者学力評価テスト」で転換期を迎える。従来のマークシート方式から、考えるプロセスを問う記述式を一部導入するのだ。これによって子供の論理性が高まると期待するのは、数学者で「論理的に考え、書く力」(光文社新書)の著者、芳沢光雄桜美林大学教授(62)だ。

■筋道を立てて説明する力

「ようやくマークシート一辺倒から記述式に目が向けられ、まずは一歩前進と思ってます。マークシートは正解を当てる技術を磨く傾向があり、そのテクニックを教える予備校まであります。一方、記述式は答えを論理的に導くプロセスを大事にするため、数学の試験なら最後の最後で計算間違いをしても、途中までが合っていれば加点されます。記入欄を間違うだけで0点になるマークシートより、よほど公平な試験といえるでしょう。海外の試験は記述式が一般的ですし、今の子供が苦手だとされる、筋道をきちんと立てて説明する能力を養うことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る