笑える、ムカつく…子供の語彙不足はマークシートが原因か

公開日:  更新日:

 10日、東大の合格発表が行われた。受験エリートの喜びの笑顔であふれていたが、この大学入試が2020年度に始まる「大学入学希望者学力評価テスト」で転換期を迎える。従来のマークシート方式から、考えるプロセスを問う記述式を一部導入するのだ。これによって子供の論理性が高まると期待するのは、数学者で「論理的に考え、書く力」(光文社新書)の著者、芳沢光雄桜美林大学教授(62)だ。

■筋道を立てて説明する力

「ようやくマークシート一辺倒から記述式に目が向けられ、まずは一歩前進と思ってます。マークシートは正解を当てる技術を磨く傾向があり、そのテクニックを教える予備校まであります。一方、記述式は答えを論理的に導くプロセスを大事にするため、数学の試験なら最後の最後で計算間違いをしても、途中までが合っていれば加点されます。記入欄を間違うだけで0点になるマークシートより、よほど公平な試験といえるでしょう。海外の試験は記述式が一般的ですし、今の子供が苦手だとされる、筋道をきちんと立てて説明する能力を養うことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る