笑える、ムカつく…子供の語彙不足はマークシートが原因か

公開日: 更新日:

 10日、東大の合格発表が行われた。受験エリートの喜びの笑顔であふれていたが、この大学入試が2020年度に始まる「大学入学希望者学力評価テスト」で転換期を迎える。従来のマークシート方式から、考えるプロセスを問う記述式を一部導入するのだ。これによって子供の論理性が高まると期待するのは、数学者で「論理的に考え、書く力」(光文社新書)の著者、芳沢光雄桜美林大学教授(62)だ。

■筋道を立てて説明する力

「ようやくマークシート一辺倒から記述式に目が向けられ、まずは一歩前進と思ってます。マークシートは正解を当てる技術を磨く傾向があり、そのテクニックを教える予備校まであります。一方、記述式は答えを論理的に導くプロセスを大事にするため、数学の試験なら最後の最後で計算間違いをしても、途中までが合っていれば加点されます。記入欄を間違うだけで0点になるマークシートより、よほど公平な試験といえるでしょう。海外の試験は記述式が一般的ですし、今の子供が苦手だとされる、筋道をきちんと立てて説明する能力を養うことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  3. 3

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る