熊本の次はどこだ 地震連鎖の歴史から見た危険地域は3つ

公開日: 更新日:

「研究所は観測している電磁波を基に、台湾や日本などで起きる可能性のある地震の予測地や時期を公表しています。ブログ開設者は地元テレビ局のインタビューにも出演しています」(経済紙記者)

 今度はハズレてほしいと切に願うが、北九州には複数の活断層が走っているだけに油断は禁物だ。

「次の本震」が心配されているのは、北九州だけではない。過去に日本列島を直撃した2つの連鎖地震を調べると、「京都」と「小田原」で巨大地震が起きる可能性を捨て切れないのだ。

 1つ目は、1611年に東北で起きた「慶長三陸地震」から始まる連鎖地震である。「3・11」と同様、岩手や宮城などを大津波が襲い、数千人の死者が出た大地震で、その8年後の1619年に熊本県八代市で、さらに6年後に熊本市周辺でそれぞれ大地震が発生している。そして、1633年の「寛永小田原地震」へと続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る