20日以内に日本でM7級地震 台湾「地震予測研」衝撃の中身

公開日: 更新日:

「20日以内に日本でマグニチュード(M)7以上、あるいは台北でM6以上の地震が起きる」――台湾の「地震予測研究所」が6日、こんな衝撃的な予測を発表した。「3.11」から間もなく5年。あの悪夢が再び脳裏をよぎる。

 同研究所のホームページによると、研究所は台湾各地で「電磁波」の観測を行っている。先月6日の「台湾南部地震」も発生2日前に予測を発表し、“的中”させている。その際に観測された電磁波グラフと同様の波形が、台北の複数の観測所で見られたのだという。

 恐ろしいのは、「(台北より)日本で大地震が起きる可能性が高い」と結論づけていることだ。早川地震電磁気研究所所長の早川正士氏はこう言う。

「台湾での観測結果と日本での地震発生に因果関係があるか否かは、不明です。しかし、一般的に、プレートの押し合いなどで地中にヒビ割れが起こると、電流が発生し、大気に影響を与えることが分かっています。地震発生の約1週間前から、地表で電波として観測できると学術的にも立証されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る